キャリア

【前編】90分がすぐ終わるーアクティブラーニングに潜入してきた!

こんにちは! 編集長のマコです。

突然ですが、私は勉強するのが苦手です。というより、ずっと座って黙っているのが苦手です。「どうしてイスに座って勉強しなくちゃいけないんだろう……」真剣に考えながらも周りの風潮に従ってここまで生きてきました。

そんな私みたいな学生に朗報が。なんとイスも机もない教室で大学の授業をしている先生がいるのです! ということで、今回は北海道科学大学の授業に潜入してきました。

▼北海道科学大学

お邪魔したのは保健医療学部理学療法学科1年の「プロジェクトスキルⅠ」という授業。社会人になるための基礎的な力をつける教養科目です。担当教員は非常勤講師の松田剛史先生。

早速教室に入ってみましょう。

▼教室は土足厳禁

本当に誰もイスに座っていません!

「机は邪魔なんだよね、机があるとみんなしがみつくから。それに、頭に入っていなくても勉強している気になれちゃうでしょ?」と松田先生。

▼ここで机の役割を果たすのはこちら

バインダーは活用方法が自由自在。ひとり一枚、授業が始まる前に取ってからそれぞれの位置に座ったり寝転がったりしています。そう、ここの授業はイスがないどころか、座るという決まりすらありません。

▼毎回自分の位置を決めます。授業中に何度変わってもOK

▼スクリーンの裏に座る学生も!

この状況でどのように授業が展開されていくのか、内容を掘り下げてみましょう。

今日の到達目標

こちらの授業では毎回目標が定められています。今回の目標は「価値の多様性を認識することができる」です。人はみな価値観が違いますが、身をもってそれを体感し、お互いの意見を尊重することが目的の授業になっています。

▼今日は私も大学1年生に混ざります

こんな風にワークシートが渡されるので、上に到達目標を書きます。でも残りの余白は自由! メモでも図でも、自分のためにわかりやすくまとめることができれば良いのです。

実習「私の大切なもの」

次に個人ワークに入ります。今自分にとって一番大切だと思っているものの順位を決めて、理由とともにワークシートに書き込みます。

▼勉強・遊び・道徳・健康・お金、1~5位のランキングをつけます

ちなみに私は健康、お金、勉強、道徳、遊びです。健康がいちばん大切な理由は、風邪をひくたびに動けなくなって悲しい気持ちになるからです。

グループの仲間と共有!

個人で作業したあとは、少人数でグループをつくって共有します。このグループ作りもアクティブラーニングの重大な要素。男女比を考えるとか、話したことがない人を積極的に取り込むとか。

もともと知らない人に話しかけるのが苦手な私はどうしようと辺りを見渡……す間もなく、ひとりの学生が話しかけてくれました!

▼先ほどスクリーンの後ろに隠れていた高山連介(れんすけ)さん

「どうしてすぐに声をかけてくれたんですか?」と聞くと、「そういう趣旨の授業なので」と高山さん。アクティブラーニングは今までの形式的な授業に慣れ親しんでると、とっつきにくいのが現実でもあります。しかし高山くんは入学して2ヶ月目にして早くもアクティブラーナーです。

その後ふたりが合流して4人のグループができあがりました。

▼左端:武田元輝(げんき)さん、左から2番目:矢本嵩子(たかこ)さん

グループで先ほど考えた「私の大切なもの」の順位を発表します。

みんな順位がバラバラだということに驚きます。正直、私は他の3人も健康がいちばんに違いない!と勝手に思っていたのですが「お金がいちばんです」と高山さん。理由を聞いてみると「世界規模でみて、お金があれば健康を保持できる人たちもいますよね」ということでした。この意見には私をはじめ、武田さん、矢本さんも「その視点はなかった!」と感動。

「価値の多様性を認識する」ことが今回の授業の趣旨。この90分の授業がどのように着地するのか、後編に続きます

(撮影:渡邊和樹)

Share:
マコ