ラグジュアリーロックstyleのパイオニア!ディオール・オム(DIOR HOMME)が示すメンズファッションの未来

出典https://www.pinterest.jp/pin/205758276700004925/

ラグジュアリーでエレガントなロックstyleで、メンズファッションを牽引し続ける、ディオール・オム(DIOR HOMME)。スキニーデニムやダブルライダースの火付け役であるディオール・オムは、天才デザイナー、エディ・スリマンが立ち上げたブランドです。 現在キム・ジョーンズにより、ブランド名を、ディオールに改めたラグジュアリーロックstyleのパイオニアブランドに迫ります。

ディオール・オム(DIOR HOMME)とは?

出典http://dior.shop-pro.jp/?pid=14397469

2001-2002年秋冬に、クリスチャンディオールのメンズラインとしてスタート。デザイナーは、エディ・スリマン。 「世界中の男性にもっと魅力的になって欲しいと」の思いでスタートしたブランドで、黒をベースとした、タイトなスーツや、スキニーデニム、そしてレザーウエアが世界中で話題となり、センセーションを巻き起こします。 ディオール・オムがリリースしたブラックのスキニーデニムは、世界的に完売状態が続き、デザイナーの、エディ・スリマンは、時代の寵児として様々なファッションメディアに取り上げられます。 2007年に、エディ・スリマンが、ディオールオムのデザイナー辞任を発表、クリス・ヴァン・アッシュが後任を務める事が発表されます。 2018年、エディ・スリマン以上に長い年月をディオール・オムで過ごした、クリス・ヴァン・アッシュの辞任が発表されます。 後任デザイナーは、ルイ・ヴィトンのアーティスティック・ディレクターを務めたキム・ジョーンズ。 キム・ジョーンズは、ディオール・オムからディオールへとブランド名を改め、ファーストコレクションである、2019年春夏コレクションでは、今までにない新たなディオールのメンズ像を創り上げ話題となりました。

ディオール・オムからディオールへとチェンジするブランドの未来

出典https://cdn.fashionsnap.com/article/assets_c/2018/06/Dior__ss19mens_0118-thumb-1600×2400-889673.jpg

キム・ジョーンズがディオールのデザイナーに就任するとのニュースは、世界中のファッショニスタを驚愕させました。 そして、ファーストコレクションでは、ムッシュ・ディオールに敬意を払ったノーブルでクリーンなディオールのメンズstyleを発表。 ラグジュアリーストリートのパイオニアが手掛ける、ラグジュアリーでノーブルな新たなディオールは、飽和状態の、ラグジュアリーストリートの終焉を告げているような勢いを見せています。 キム・ジョーンズによって生まれ変わった、ディオールがメンズファッションの未来の鍵を握っている事は確実です。