リアルイベント「旅、音楽、シゴト、を語る。」を開催しました。

12月17日(日)Café Law Life にてマカラボ初となるイベント「旅、音楽、シゴト、を語る。」を開催しました。

マカラボは携わっているライター、インタビューを受けてくれる方、実に多様な生き方を実現しています。是非それを、肌で感じてもらいたい! そんな思いからリアルイベントを開催する運びとなりました。

今回ゲストとしてお呼びしたのは、山本哲さん、なかにしりくさん。

山本哲さんは国外内を旅するブロガー。哲さんは大学生のとき個人ブログ「面白ハンター」を立ち上げ、大学4年次には個人事業主として起業しました。社会人になった現在ではリュックひとつで海外を放浪。パソコン一台で仕事をしています。

旅と働き方を交えた話をしてくれました。

これからは「お金持ち より 時間持ち」

▼1年間、海外放浪!一昨日札幌に帰ってきたそう

哲さんが海外に初めて行ったのは大学卒業後。しかし既に30ヶ国も放浪したんだとか。もう一度行きたい国、行きたくない国も教えてくれました。行きたい国は景観が美しかったり、Wi-Fiがサクッと繋がるところだったり。行きたくない国は、衛生面が気になったり、トラウマがあったり……?

▼アジアとヨーロッパの血が混ざった女性は綺麗すぎるという話

▼スリランカで死刑だ!と言われ号泣した話

最後に真面目な働き方の話もありました。印象的だったのは「お金持ち より 時間持ち」という話。年収まで公開してくれて、一日に働いている時間は3時間なんだとか。

これからはいい車に乗っていたり、いい生活をしていたりする人が豊かな時代ではなくなる、とのこと。時間をどのように使い、どのような働き方、生き方を選ぶか。これからの時代を生き抜くために考える必要がありますね。

インタビュー記事はこちら

ただ行きたいから、旅をする。

なかにしりくさんはシンガーソングライター。ギター一本でどこへでも行くボヘミアン型シンガーソングライターということで、旅も大好きなんだとか。

▼ギターをポロポロ鳴らしながら、旅の話をしてくれました

りくさんが行った国はイギリス、タイ、ラオス、インド、カナダ、ボリビアの6ヶ国。ビートルズが好きで、大学生の時初めて海外に旅立ったのがイギリスでした。カナダのオーロラをバッグに、しっとりとしたバラードを聞かせてくれましたよ。

▼なかにしさん本人が撮った写真を流しながらのライブ

りくさんの2ndアルバム「にこん」のジャケット写真も、りくさん本人がボリビアで撮影したもの。「にこん」については、こちらの記事に詳しく書いています。

▼ボリビアのウユニ塩湖

また旅をするということに関して、仕事や音楽を作るために旅をするのではなく、ただ旅をしたいからする、と言っていたのが印象的でした。

今回、お会いできなかった方も

マカラボは普段ネットを通じて情報を発信していますが、今回のように「人が見える」機会を大切にしていきます。

また、イベントを定期的に開催たいと考えています。

12月の忙しい中、足を運んでくださった方々に感謝します。
今回お会いできなかった方も、次の機会を楽しみにしていますね。