アヴァンギャルドデザイナーの雄JEAN PAUL GAULTIERとは

EAN PAUL GAULTIER

80年代から90年代圧倒的な人気を博したレジェンドデザイナーであるジャンポールゴルチエ。

アヴァンギャルドでグラマラスなデザインで、ファッショニスタは勿論、世界的セレブをも魅了した天才デザイナーに今回は迫ります。

1 JEAN PAUL GAULTIER(ジャンポールゴルチエ)とは

1-1 フランス生まれのファッションデザイナー

1952年にフランスのパリ郊外で生まれたファションデザイナー。両親は会計士で、ファッションは独学で学びました。

数多くのデザイナーにデザインスケッチを送っていたところ、それがピエールカルダンの目に留まり、1970年にメゾン入りが決まり、キャリアをスタートさせます。

その後、ジャック・エステル、ジャン パトゥで働き、クチュールの経験を積みます。

 

1-2 プレタポルテコレクションでデビュー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jean Paul Gaultier(@jeanpaulgaultier)がシェアした投稿

1976年に初めてアクセサリーコレクションを発表し、 ジャンポールゴルチエ名義で、プレタポルテコレクションを発表、デビュー。

1978年にはジャンポールゴルチエ社を設立し独立します。

 

1-3 香水ブランドをスタート

87年、第2回「オスカー・ドゥ・ラ・モード」受賞、翌年に88年「ジュニアゴルチエをスタートさせます。

さらに92年「ゴルチエジーンズ」、翌年には香水「ジャンポール・ゴルチエ パルファム」をスタート。

今でも香水はゴルチェを代表するアイテムです。

 

1-3 エルメスのデザイナーに

1997年にはオートクチュールコレクションを発表、その後エルメスのデザイナーとしても活躍します。

 

1-4 プレタポルテから撤退

2015年春夏コレクションを最後にプレタポルテから撤退を発表。オートクチュールと香水のみを展開することを発表します。

 

1-5 デザイナーを引退

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jean Paul Gaultier(@jeanpaulgaultier)がシェアした投稿

2020年春夏のオートクチュールコレクションを最後にジャンポールゴルチエは引退を発表しファッション界に大きな衝撃を与えます。

しかし、ランウェイでのデザイナーを引退するだけであり、別のカタチでデザインは続けていくとの事です。

 

まとめ

アヴァンギャルドでパンキッシュなデザインを打ち出しカルト的人気を博したジャンポールゴルチエ。

最近ではシュプリームとのコラボレーションも大きな話題となりました。

ランウェイコレクションからは引退を発表しましたが、今後もデザイナーとして活躍していくゴルチェからも目が離せません。