ライフスタイル

ハーブの香りに包まれる。古民家美容室「kamiya」の魅力

築90年以上の歴史ある木造建てをリノベーションして作り上げたという一軒家サロン「kamiya」。札幌中心部から少し外れた狸小路7丁目南側にあります。

▼札幌市中央区にあるkamiya(提供:kamiya)

空間から素材にまでスタッフさんたちの思いが詰まった「kamiya」の魅力を、代表の金田敏晃さんとスタイリストの前川美里さんにお伺いしてきました。

魅力はお客様にみつけてもらうもの

歴史は遡ること32年。代表の金田さんは昔からこの大通西エリアが好きな場所だったといいます。もともと独立するつもりはなく、技術者として生きていく予定でしたが、昔から馴染みのあったこのエリアで美容室をはじめることに。

アンティーク雑貨や絵画、花などが素敵な「kamiya」ですが、その魅力を伺ったところ「お客様それぞれに感じて頂ければ」と金田さん。お客様、スタッフ、関わる人すべてのつながりを大切にできる美容室でありたい、という思いがあります。

▼美容室店内(写真提供:kamiya)

楽しみながら、お客さまと向き合う

そこで実際に働く美容師のひとり、前川美里さんに詳しくお話を伺いました。
前川さんは美容師歴が6年目、パーマスタイルをはじめメンズカットも得意な美容師です。

――美容師を始めようと思ったきっかけを教えてください。

「就職先を探していて、見学に来たときアットホームな感じが素敵だと思いました。当時kamiyaパーティーというものがあって、スタッフ同士でカレーをつくったり、それをお客さまに提供するという話を聞いて。そんな雰囲気に魅力を感じました。大型店舗にない良さがあると思ったんです」

――どんなスタッフさんがいますか?

「仲が本当にいいんです。休みの日はバスケしたり、ショッピングしたり、結婚式があったら全員出席するんですよ。オーナーも言っていた通り、人とのつながりは本当に広いと感じます。その雰囲気のよさをお客様にも味わって頂けたらと思っています」

――「kamiya」が力を入れていることはなんですか?

「技術面では、シャンプーはハーブ系を使ったり、髪にダメージを与えないことをいちばん大切にしています。カラー材もお客さまに合わせて選択できて、髪へのダメージを最小限にできます。自然派にこだわっている美容室です」

――前川さんが手がけたスタイルを見せていただけたら。

▼前川さんが手がけたスタイルの例(写真提供:kamiya)

「今春撮影したのはpink×violetのカラーです。髪色に合わせて、メイクもpinkをベースにしています」

――美容師をやっててよかったと思う瞬間を教えてください。

「自分が尽くせば尽くすだけ、お客さまが喜んでくれるところです。それがいちばんのやりがいですね。いい意味で、仕事という感じがしなくて。美容師ってつらい仕事のイメージがあるかも知れないんですけど、つらい仕事だと思って美容師をしてる人は絶対に続かないと思います。私は心から楽しんで日々お客さんと向き合わせてもらっています」

カット、カラー、パーマの技術が確かなのはもちろんのこと、人とのつながりを感じることのできる「kamiya」。ふんわりハーブの香る空間で、癒しの時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

HOTPEPPERの店舗情報

(提供を除く写真撮影:渡邊和樹)

Share:
マコ