元シュプリームのヘッドデザイナーLuke Meier(ルークメイヤー)とは?

Luke Meier(ルークメイヤー)

米国ノースフェイスの親会社であるVFコーポレーションに買収されたことでも大きな話題のシュプリーム。

世界で最も早く完売するスケーターブランドとしても知られるシュプリームのヘッドデザイナーをしていた人物がOAMCをローンチしたLuke Meier(ルークメイヤー)です。

今回は、自身のブランドOAMC以外にもジルサンダーのデザイナーとしても活躍するいま世界が最も注目する鬼才に迫ります。

1 Luke Meier(ルークメイヤー)

1-1 カナダ生まれのデザイナー

 

この投稿をInstagramで見る

 

LUKE MEIER Daily(@lukemeier_daily)がシェアした投稿

イギリス人の母とスイス人の父を持つカナダ国籍のデザイナー。

アメリカのジョージタウン大学でファイナンスと国際ビジネスを学んだ後、オックスフォード大学で経営学を専攻したエリートであることは意外と知られていません。

 

1-2 OAMCをスタート

 

この投稿をInstagramで見る

 

LUKE MEIER Daily(@lukemeier_daily)がシェアした投稿

シュプリームのヘッドデザイナーとして本格的なキャリアをスタートさせたルークメイヤーは自身のブランドOAMCを2014年にローンチ。

元シュプリームのヘッドデザイナーが立ち上げたブランドとして大きな話題となりました。

OAMCはいわゆるラグジュアリーストリートにカテゴライズされますが、ノーブルでミニマルなワードローブが中心。

上質な素材を使用したハイエンドデイリーウェアといった立ち位置の方が似合います。

 

1-3 ジルサンダーのデザイナーに就任

 

この投稿をInstagramで見る

 

LUKE MEIER Daily(@lukemeier_daily)がシェアした投稿

2017年、ロドルフォ・パリアンガがジルサンダーのデザイナーを退任、ルークメイヤーは妻のルーシー・メイヤーと共にジルサンダーのクリエイティブディレクターに就任します。

現在は自身のブランドOAMCと共にジルサンダーのデザイナーとしても活躍しています。

 

まとめ

ジルサンダーというラグジュアリーブランドをデザイナーとして牽引しながら自身のブランドも手掛けるルークメイヤー。

クリーンでミニマルなスタイルを得意とするメイヤーにとってジルサンダーのデザイナーというポジションは最適のようにも感じます。

ジルサンダーでもOAMCでも精力的にコレクションを発表するルークメイヤーから今後も目が離せません。