ボッテガ・ヴェネタの新クリエイティブディレクター「マチュー・ブレイジー」とは

Matthieu Blazy

ボッテガヴェネタのクリエイティブディレクターであり、ボッテガの若返りの大きく貢献したダニエルリーの退任はファッション界に大きな衝撃を与えました。

ノーブルさの中にフレッシュさを感じさせる現在のボッテガの後任デザイナーに37歳のマチュー・ブレイジーが指名されたことも大きな話題となりました。

今回は、ボッテガヴェネタを牽引する若きデザイナーである、マチュー・ブレイジーについて迫ります。

1 マチュー・ブレイジーとは

1-1 パリ出身のファッションデザイナー。

マチュー・ブレイジーは1984年生まれのフランス、パリ出身のデザイナーです。

 

1-2 ラフ・シモンズのメンズコレクションのデザイナー

ベルギー、ブリュッセルのラ・カンブルを卒業後、ラフ・シモンズのメンズコレクションのデザイナーとしてキャリアをスタートさせます。

 

1-3 メゾン マルジェラのウィメンズ レディ・トゥ・ウェアのデザイナー

その後メゾン マルジェラのウィメンズ レディ・トゥ・ウェアのデザイナーとして、「アーティザナル」ラインを手掛けました。

 

1-4 セリーヌのシニア・デザイナーに就任

2014年にはフィービー・ファイロ率いるセリーヌのシニア・デザイナーに就任します。

 

1-5 カルバン・クライン 205W39NYC

2016年から2019年にかけては、再びラフ・シモンズとタッグを組みカルバン・クライン 205W39NYCに関わります。

マチュー・ブレイジー自身のブランドローンチはしていませんが、名だたるビッグメゾンを渡り歩き、カリスマデザイナーとも仕事をしてきたマチューにとって、ボッテガのデザイナーは適任ともいえるのではないでしょうか?

 

まとめ

今最も世界が注目する若きデザイナーである、マチュー・ブレイジー。

有名メゾンで腕を磨いてきた彼ですが、ヘッドデザイナーとしてランウェイを飾るのは今回が初めて。

さらにフレッシュにエッジの利いたボッテガヴェネタに期待が高まります。