「アルティスタ浅間」チーム史上初の生え抜きプロ契約を結ぶ。プロサッカー選手―佐藤啓志郎

長野県、北信越フットボールリーグ DIVISION 1に君臨し、現在急成長を遂げているサッカークラブチーム「アルティスタ浅間」。その中でチーム史上初、生え抜きでプロ契約を手にした選手がいます。それが、弱冠24歳でチームの大黒柱となっている佐藤啓志郎さんです。今回は、佐藤啓志郎さんにプロサッカー選手を目指すきっかけ、またこれからの人生についてお聞きしました。
――子供の頃はどんな子?
1年中ジャージで過ごす超アクティブな子でした。学校帰りは少年団の練習の前に友達と公園にサッカーしに行ったり一人の時はコンクリートの壁にずっと壁打ちしてましたね。とにかく自然が多い所で育ったので、川で泳いだりザリガニ捕りしたり、凍った川の上でアイスホッケーなんかもしてました。
――いつ頃サッカー選手になろうと?
小学校3年生から少年団には入っていたんですが本気でなろうと思ったのは小学校5年の時です。
――きっかけは?
小学校時代に指導者に恵まれまして、サッカーで常に上のレベルを目指すメンタリティーを持たせてもらいました。6年生の時には北海道選抜にも入れてもらえたりしてよりプロを目指そうと思うきっかけにはなりました。
――今の生き方や人生について
僕はずっと自由に生き、やりたいことをやる人生を送らせてもらっています。社会人になって感じたのは自分が進みたい道をより明確に定めること、そして感謝。自分の理想像に近づくために日々努力する姿勢と常に感謝の気持ちを持って接することで皆さんが本当に応援してくれるようになります。今年で大卒3年目になりますが去年までは正社員として営業職をやりながら好きなサッカーを続けてました。午前中に練習をし、午後から出勤という形態だったので勤め先の理解や協力は不可欠でした。

でもここまで周りに支えていただいて、自分が好きなことに全力で取り組めている事には感謝しかありません。

――これから目指すのは?

ありがたいことに今年からはサッカーのみで生活させてもらっています。いわゆるプロとして好きなことを仕事としてやれることにはとても喜びを感じています。

と同時に結果を出す責任が伴います。

目指すものはもちろん大きな恩のあるこのチームをJリーグへ導くことです。

その中でプレーだけでなく人としてよりプロフェッショナルな存在になることを目指しています。

インタビュー対象者:佐藤啓志郎さん