シンガーソングライターなかにしりくが挑戦! スマホから一眼カメラへの道・第13回「学んだことを振り返ってみよう!」

札幌在住のシンガーソングライター・なかにしりく君が、一眼カメラに興味を持ち、購入し、使いこなせるようになるまでの道を追ったこの連載。

りく君が着実に技術を習得して成長してきた今、そろそろ終わりが近づいてきました。りく君と共に「一眼カメラとは何ぞや!?」と学んできた私たちとしては寂しい限りですが、ラストスパートまで走り抜けましょう!

今回は、今までの一眼カメラに関する知識を総復習。りく君は、ずいぶんいろいろマスターしたようですよ。 最初にりく君が習得した一眼カメラのテクニックは、ピントを合わせるやり方。一眼カメラは自動でピントを合わせてくれます。が、りく君としては「そこじゃない、もっと違うところにピントを持ってきたいのに!」とやきもき。そこで、自分で合わせたい場所にピントを合わせる方法を学びました。詳しくは、連載の第6回「自分でピントを合わせてみよう」をチェック!

 

▼自動だと、手前の花にピントが合っちゃう時でも……

 

▼自分でフォーカスエリアを選んで奥にピントを合わせる

次にりく君がぶち当たった壁は、露出補正というものでした。一眼カメラでは画面が暗い時など、自動で光量を多く取り入れて、明るい写真になるように調整してくれる機能があります。でも、写真の明るさを自分好みにしたい時ってありますよね? そんな時は、露出補正というテクニックを使って、取り入れる光量を自分で調整できるのです。詳しくは、連載の第7回「露出補正をマスターせよ!」をチェック!

 

▼画面全体が明るいと、自動で光量が抑えられて手前の花が暗くなるので……

 

▼露出補正を±0から+1にして、手前の花と全体を明るい印象に

ある日、「噴水をカッコよく撮りたい!」と思ったりく君はシャッタースピードについてソニーストアの無料講座で教えてもらったことを思い出します。一眼カメラではシャッタースピードを変えることができ、光量と動きの表現を変化させることが可能なのです。今ではりく君、噴水の水の表現に関してはすっかり自由自在。詳しくは、連載の第8回「シャッタースピードって何だ?」をチェック!

 

▼シャッタースピードを「10分の1秒」に設定すると、噴水が線のような表現に

 

▼シャッタースピードを「1000分の1秒」に設定すると、まるで時が止まったよう

また、ツツジの花を撮影していた際、背景のピントが合っていたり合っていなかったりすることに気づいたこともありました。りく君が独学で調べてみたところ、どうやら絞りを変えることで写真の背景のボケ方の度合いを変化させられるという答えに行き着いたのでした。詳しくは、連載の第9回「絞りを自由に操ってみよう」をチェック!

 

▼手前にピントを合わせ絞りを開放すると背景がボケる

 

▼絞りを絞ると広い範囲でピントが合い背景もくっきりと

一眼カメラが面白くなり、いろんなテクニックを覚えることに貪欲になっていったりく君、ついにISO感度という言葉にたどり着きます。ISO感度とは、カメラに入ってくる光量をイメージセンサーが感じ取る度合いのこと。たとえば暗い場所ではシャッタースピードが遅くなり手ブレしやすくなりますが、ISO感度を上げると、暗い場所でもシャッタースピードを上げることができます。ただし、ISO感度を上げると画質が悪くなるので要注意。詳しくは、連載の第11回「ISO感度を設定してみよう」をチェック!

 

▼ISO感度をいちばん低い「100」に設定した場合

 

▼同じ条件でISO感度「12800」にまで上げると、素人目にも画質の粗さが分かる

分からないことは詳しい人に質問し、ソニーストアで開かれている無料講座も受講し、何より一眼カメラ片手にあちらこちらへ出かけて積極的に撮影して回った、なかにしりく君。

 

▼観光客でもないのに観光スポットにも行っちゃう!

その好奇心こそが、一眼カメラへの道を邁進するためのパワーになっているのかもしれません。さて、次回、りく君はどうなるのか!? お楽しみに!

 

Profile なかにしりく

札幌市在住のシンガーソングライター。2010~2013年まで〈なかにしりくトリオ。〉のボーカルを務め、2枚のアルバムをリリース。2014年にホーンセクションを含めた総勢6名の〈なかにしりくファミリー〉を結成。2016年に『yellow knife』、2017年に『にこん』と、2枚のアルバムを発表した。2017年にはソロ名義で「RISING SUN ROCK FESTIVAL」に出演。NHK「ほっとニュース北海道」の2018年度エンディングテーマを担当していた。

 

2019.10.1(火) 《なかにしりく1st mini album 「beautiful cracks」Release Live》

協力:ソニーストア 札幌

【会場】札幌コンサートホールKitara 小ホール(札幌市中央区中島公園1番15号) Tel : 011-520-2000

【アクセス】 地下鉄「中島公園駅」3番出口から徒歩約7分 地下鉄「幌平橋駅」1番出口から徒歩約7分

【時間】OPEN 18:30 / START 19:30

【料金】
①¥5,000 (CD+チケット) ※CD購入の特典としてチケットが付きます。
②¥3,500 (チケットのみ)
※中高生は学生証持参の方のみ500円引き ※未就学児・小学生は無料
※CD・グッズ販売は18:30~19:25の間のみ行います。 終演後に販売はありませんのでご注意ください。

【出演】
なかにしりく (Vocal/Guitar)
齊藤 桃子 (Piano) Chima (Chorus)
越智 俊介 (Bass)
樽木 栄一郎 (Drum)
高杉 奈梨子 (Violin)
小林 瑠衣 (Violin)
前 南有 (Viola)
宇田 梓 (Cello)

【ご予約・お問い合わせ】
nakanishiriku.info@gmail.com

—当日のご入場について—
以下の順番でご入場いただきます。
①入場整理番号付きチケット(自由席)
・なかにしりくのライブ会場
・チケット取り扱い店 音楽処(札幌市中央区南1条西4丁目 4丁目プラザ7F)
・boiler(札幌市北区新川7条16丁目709−1)
・なかにしりくOfficial Goods Store ※こちらは「CD+チケット」タイプのみとさせていただきます。
②メール予約 (整理番号がない自由席チケットです。 お越しいただいた順にご案内致します。)

【キャンセルについて】
・キャンセル料はかかりませんが、 nakanishiriku.info@gmail.comへ ご連絡お願いします