シンガーソングライターなかにしりくが挑戦! スマホから一眼カメラへの道・第3回「分からないなら講座で学ぼう」

札幌在住のシンガーソングライター、なかにしりく君。自ら撮影した写真をステージ上で流しながらライブをすることもあり、せっかくならこだわりたいと、とうとう一眼カメラを購入しました。しかし、これまでスマホで撮影してきたりく君にとって、本格的なカメラは分からないことだらけ。行き詰まりそうになったりく君、果たしてどうする!?

前回の連載で、ついに一眼カメラを購入したりく君。最近はどこへ行くにもカメラを持ち歩き、常にベストショットを狙っているようです。が、しかし……。

▼なんだかちょっと暗い(なかにしりく撮影)

公園の雪景色に見とれ、思わずカメラを構えたものの、撮れた写真はこの通り。なんだか全体的に薄暗くて、真っ白な雪の美しさがいまいち伝わってきません。また、別の日には……。

▼ピントが手前にきちゃう(なかにしりく撮影)

友人のミュージシャンのリハーサル風景を撮ろうと思ったのですが、どうしても手前にピントが合ってしまいます。肝心の被写体はボヤけてしまって、これじゃ何を撮影したかったのか分かりません。
「やっぱり僕には一眼カメラなんて無理だったのかな……」
と、すっかり意気消沈してしまったりく君。

▼ソニーストア札幌

そこで思い出したのが、カメラを購入した「ソニーストア 札幌」で言われた言葉。
「確か、ソニーストアではカメラに関する講座を開いてるって言ってたはず!」
調べてみれば、入門レベルの講座なら無料のものもいろいろあるようです。初心者のりく君には、まさにうってつけ。さっそく予約して、りく君の購入した「α6000」の「使い方基本講座」へ足を運びました。

▼初心者向けに基礎から教えてくれる

「使い方基本講座」は、その名の通り基本的な操作方法を学ぶ講座。操作ボタンとその名称、カメラの構え方、レンズの交換方法などなど、教えてくれるのは本当に基礎の基礎から。「α6000」を買ったばかりの人や、一眼カメラの操作が初めてだという人におすすめの講座です。

▼分からなかったことが次々とクリアに

講座を受けている周りの人たちも、自分と同じ初心者だと思えば、どんなに基本的な質問をするのも恥ずかしくありません。りく君も分からないことは積極的に聞いて、手取り足取り教えてもらいました。
「なんとなく、基本の操作は理解できた気がするぞ!」
1時間30分の講座を終え、足取りも軽く帰宅するりく君。さて、これからりく君のカメラライフは、どのように変化していくのでしょう? 次回もお楽しみに!

Profile
なかにし りく


札幌市在住のシンガーソングライター。2010~2013年まで〈なかにしりくトリオ。〉のボーカルを務め、2枚のアルバムをリリース。2014年にホーンセクションを含めた総勢6名の〈なかにしりくファミリー〉を結成。2016年に『yellow knife』、2017年に『にこん』と、2枚のアルバムを発表した。2017年にはソロ名義で「RISING SUN ROCK FESTIVAL」に出演。NHK「ほっとニュース北海道」の2018年度エンディングテーマを担当している。

ソニーストア 札幌
住所: 〒060-0061 札幌市中央区南一条西3-8-20
4丁目交差点すぐ
地下鉄「大通駅」12番出口から徒歩1分
営業時間:11時~19時

講座一覧はこちら

シンガーソングライターなかにしりくが挑戦!連載はこちら