キャリア

スリランカで海外ノマド!滞在費や仕事環境はどうなの?

ライターのテツヤマモトです。

僕は現在、南アジアの島国スリランカに来ています。北海道より一回り小さな国土に約2000万人が住む仏教国です。

スリランカは2009年の内戦終結以降、欧米の旅行者を中心に人気が高まってきており、近年日本でも注目され始めています。

今回の記事では実際にかかっている費用を交えつつ、スリランカ滞在の様子を紹介します。海外ノマドワーカーのリアルとして参考にしてください。

スリランカへの旅程

今回は観光シーズン前、6月中旬に北海道からスリランカに向けて出発しました。

使ったのはLCC(格安航空会社)。乗り換えを含め、15時間の移動でした。楽な旅路ではありませんが、かかった航空券の費用は24000円弱です。

LCCが発達した昨今では、日本から6000〜7000km離れたスリランカに行くことも、決して難しいことではないんです。

スリランカでの食べ物

滞在中はチェーン店を控えて、主にローカルレストランでの食事を楽しんでいます。

写真は伝統的な国民食のランスアンドカリー。スリランカの「カレー」は、煮込み料理全般を指すので、日本のカレーライスとは全く別物になります。

魚・鶏肉・野菜など、とっても具だくさん(ちょっと多すぎるくらい)ですが、代金はたった270ルピー(約200円)です。

アジア諸国のほとんどは日本と比べて、物価がとても安いです。好き嫌いさえ無ければ、食費を抑えてモリモリとご飯が食べられますよ!

スリランカでの滞在先

スリランカでは、近くにビーチがあるドミトリールームに滞在しています。

広々とした8人部屋には、アジア・欧米各国から様々なバックグラウンドを持ったバックパッカーが滞在しています。夜の時間帯は、各々の旅路や情報交換をすることもしばしば。

今回選んだゲストハウスは宿泊環境も良く、オーナーも親切で快適です。価格は朝ごはんが付いて、なんと1泊800円!日本で家を借りるよりもよっぽど安く済みますね。

▼宿から徒歩10分ほどで観光客も多く訪れる、マウントラビニアビーチに行けます。

スリランカ人の性格

スリランカは仏教国。それもあってか、温厚で優しい人が多い印象を受けます。

道を歩けば笑顔で挨拶してくれますし、ビーチに行けばすぐに現地の人と仲良くなれます。写真を撮らせていただいた女性は、自宅に生っていた果物を分けてくれました。

観光客を騙す詐欺師も少なからずいますが、比較的治安は良好で、安心してのんびりと過ごせる国だと感じています。

スリランカでの仕事環境

肝心のノマド環境について。

スリランカはWi-Fi環境があまり良いとは言い切れません。速度は日本には劣りますし、Wi-Fi環境を整備したカフェ等も少ないです。

僕の場合、宿の共用リビングスペースで作業をするか、混み合っているようであれば、街中のカフェに出かけて作業します。

先日は某ホテルのラウンジで作業。300ルピー(約220円)のパイナップルジュースを片手にライティングやサイト運営の業務を行いました。

まとめ

スリランカには、観光を含めても1日2000円程度で滞在できます。

フライトやビザを含めても、日本で普通に生活するのと同じくらい、むしろ生活費を抑えて過ごすことができます。

海外ノマド生活は決して難しくありません。好きな環境を求めながら、旅の刺激を感じながらでも、働くことは可能です。

これから増えるであろう海外ノマド、人生の選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

Share:
テツヤマモト