Tag: エッセイ連載

コラム

夜を上手に過ごせる大人は、明日をすがすがしく迎えに行ける。

自分だけの「夜の過ごし方」をみつけたら、朝がくるのが楽しみになりそう。
コラム

東京は住みにくい?東京ぐらしという名の、気ままな田舎ぐらしの提案

東京は住むところじゃない!そんな風に思っているあなたに、東京暮らしという名の田舎暮らしの提案です。
コラム

イケてる大人になるために、国語なんてわからなくてもいいじゃない?

自分で題材を選び授業をするという、ちょっぴりユニークな時間。国語なんて分からなくてもいいんじゃない?という脚本家の卵、皐月彩流の国語論。
コラム

ファーストキスより、忘れられないキスの記憶、ありますか?

ファーストキスは忘れてしまったけれど、ひとつだけ、鮮明に覚えているキスの記憶がある。そんな経験はありませんか。
コラム

出身者が語る。「世界一双子の多い学校」というものが日本にあった。

世界一双子が多い、東京大学教育学部附属中等教育学校。なんと1学年120人の中に双子は20組!学年の半分が双子、って一体どんな学校生活なのでしょうか。
コラム

人材会社でがむしゃらに仕事をして感じた、「働く意味」とは。

叶えたい夢はありますか。その夢以外の世界を知ることは、もっと夢を分厚くしてくれる。働くことは、自分が生きている世界の価値を知るチャンスである。第七夜 せかいのおもみを、しるために
コラム

どんなに恵まれていても、浮気をしてしまう女の子たちの気持ちって?

浮気をする女は最低?不幸になりますか。幸せ探しの愛に溢れた、女の子たちの物語。 第六夜 ぼくらはいつも、つよいひとのふりをする
コラム

おしゃれができなくても指を着飾る。ネイルが元気をくれる理由。

忙しくて、おしゃれなんて忘れてた……そんなちょっぴり荒んだ心に栄養を与えてくれるエッセイ。第五夜 ずぼらむすめの、ちいさなおしゃれ。
コラム

女子だってたまには、昔の恋を夢見たりする。

第四夜 もどりたいひは、なくならない。次の人が現れればすぐに昔の人を忘れる、だなんてきっと嘘。
コラム

オトナのデートにスニーカーはだめですか?夜の海にでかける靴は。

第三夜は「おひめさまが、にあわない」。足元をみつめ、懐かしいあの人を思い出さずにはいられない短編エッセイ。
コラム

下心ものみこんで、彼女があなたの家に行きたくなる映画たち。

女性目線の「こんな映画をわたしのために用意しておいてほしい」読み切りエッセイ。女性はきっと、共感。女の子の気持ちをわかりたい男性にも。
コラムピックアップ

オトナの遊びは早朝に始まる。朝カフェデートのすすめ

7月から連載予定の皐月彩さんによる読み切りエッセイ。第一夜 ひとりの夜はうらめしい。