アメリカンブランドの雄!トミーヒルフィガーとは?

Tommy Hilfiger

アメリカを代表するブランドであるトミーヒルフィガー。

アメリカンクラシカルをべースにスポーツやカジュアルスタイルを取り入れたフレッシュなスタイルが特徴です。

ラフルローレンやカルバンクラインと並ぶ、アメリカでは最も親しまれているブランドの一つ。

今回は、デザイナーであるトミーヒルフィガーについて迫りたいと思います。

出典https://en.wikipedia.org/wiki/Tommy_Hilfiger

1 トミーヒルフィガーとは

1-1 ニューヨーク生まれのファッションデザイナー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tommy Hilfiger(@thomasjhilfiger)がシェアした投稿

1951年ニューヨーク生まれのファッションデザイナー。

両親はカトリック教徒で9人兄弟という大家族で過ごします。

 

1-2 ジーンズ20本からスタート

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tommy Hilfiger(@thomasjhilfiger)がシェアした投稿

高校時代に150ドルを元手に20本のジーンズを販売。

これがきっかけとなり、アパレルでのキャリアをスタートさせます。

 

1-3 25歳の時に倒産

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tommy Hilfiger(@thomasjhilfiger)がシェアした投稿

1969年にピープルズプレイスというショップをニューヨークでオープン。

しかし、7年後には倒産します。

ショップが上手くいかなかった大きな要因は、顧客の求めるアイテムを提供できなかったことだと気が付き、独学でデザインの勉強を始め、1979年からフリーデザイナーとして活躍します。

 

1-4 トミーヒルフィガーを設立

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tommy Hilfiger(@thomasjhilfiger)がシェアした投稿

ビジネスマンであるモハン・ムルジャニと出会ったことで、トミーヒルフィガーの人生は大きく変わります。

モハン・ムルジャニは新たなメンズウェアブランドのローンチを計画していました。

トミーヒルフィガーの才能に惹かれた、彼は、ブランド設立の手助けをします。

こうして、1985年に自信の冠を関したブランドをスタートさせました。

 

1-5 CFDAのメンズデザイナーオブザイヤーに選出

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tommy Hilfiger(@thomasjhilfiger)がシェアした投稿

1992年位は会社を上場、1995年にはCFDAのメンズデザイナーオブザイヤーに選出。

実名共に、アメリカを代表する世界的デザイナーの称号を手にします。

 

まとめ

メンズ、レディースは勿論、キッズやスポーツウェアまで手掛けるアメリカを代表するビッグブランドへと成長したトミーヒルフィガー。

トミーヒルフィガーは既に売却していますが、様々なブランドには関わっているそうです。

70を過ぎても現役の トミーヒルフィガーから目が離せません。