キャリア

旅をしながら働くのは、もはや夢物語ではない

生まれも育ちも北海道。生粋の道産子の僕は、大学時代に道外を訪ねる中で旅のトリコになりました。

「旅をしながら仕事をしていきたい……」

旅好きな若者ならば、誰もが一度は考える夢を描きました。その頃、同時期に始まった就職活動。旅をしながら働ける会社なんて、そうそう見つかりません。

僕の夢は持ち越しとなりました。

切り開いたフリーランスの道

一度は企業に就職したものの、やはり「旅をしながら仕事をする」という夢は諦めることができません。住んでいる町を飛び出して、冒険がしたくてたまりませんでした。

僕は新卒で入社した会社を5ヶ月で辞めて、フリーランスになりました。

社宅に住んでいた僕は家を出るしかなく、会社を辞めると同時に旅生活がスタート。収入が十分ではない中の決断だったので、不安だらけの毎日でした。

▼独立前は北海道の農家やお店を取材する雑誌記者をやっていました

ブロガーとして生きていく

僕の唯一の希望は、学生時代から続けていたブログでした。
過去にブログから数万円の収入を得た経験がありましたし、何よりも人との繋がりが詰まっていました。早速、会社を退職した旨をブログで報告したところ、大勢の方から励ましの声をもらいました。中には「空いている部屋があるから、うちにおいで!」という声も。

僕はそんな言葉に甘えて、いろんな人の家・町を巡りました。そして、少しでもお礼になればと、町の魅力をブログに書いて発信する活動をしました。

▼上砂川町滞在時に、陶芸教室を体験取材! 小学生に混ざって器を作りました

そんな生活を続けていると、次第にブログへのアクセスが増え、収入も安定しました。ブログを通じて、ライターのお仕事を頂く機会も増えました。

気付けば、大学時代に夢みた「旅生活」が実現していたんです。

旅生活は難しくない!

「旅をしながら働く」という選択肢は、ごく最近まで限られた人にしか与えられていませんでした。特に経済的な事情が何よりも大きな壁だったように思います。

しかし、今は違います。
収入面でいうと、多様な職業でフリーランスとして働くことが当たり前になっています。パソコン・スマホだけでこなせる新しい仕事も増えました。

カフェやコワーキングのブームに伴い、働く場所に困ることもありません。
支出面では、LCC(格安航空会社)が登場し、ゲストハウス・民泊といった安宿が国内外に急増しています。事実、東南・南アジア諸国など物価が安い国には、世界中のノマドワーカーが集まってきています。

僕自身、海外を旅するようになってはじめて、新しい働き方を実践している人が大勢いることに気付きました。

▼フィリピンにて、海外を旅しながら働くブロガーが集まった食事会の様子

旅人が夢に描いてきたライフスタイルは、既に手の届くところにあるんです。

フリーランスの魅力

僕は現在、大学時代に経験できなかった海外を巡る旅生活が実現しています。ようやく英語学習も始めました。

フリーランスの魅力は、生き方を自分自身で決められることです。

働く場所・時間はもちろん、「こんな風に生きたい」という理想に限りなく近づけます。社会人は自分の時間が作れないと言いますが、それは選択次第です。

僕は近々、語学学校を巡る世界一周の旅を計画しています。仕事をやりながらでも、やりたいことができることを証明したいです。

▼2017年5月はフィリピンに留学しました! 働きながら留学だってできるんです

旅をしながら仕事、ノマドワーク、フリーランス。これから新しい働き方がどんどん当たり前になっていきます。あなたはどんな働き方がしたいですか?仕事について考えると同時に、理想の生き方を考えてみてください。

Share:
テツヤマモト