元祖パンクの女王!Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)とは?

ヴィイヴァンウエストウッド

パンクの女王としても知られるファッション界の重鎮であるリビングレジェンドであるVivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)。

伝説のパンクバンドセックスピストルズのプロディーサーであるマルコムマクラーレンと共にパンクムーブメントを手がけたファッション界のアナーキストに迫ります。

1 Vivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)とは

1-1 イギリス生まれのファッションデザイナー

出典https://www.instagram.com/p/B5-xeDOphOx/

1941年にイングランドで生まれます。

意外なことに若いことは、美術の教師を目指していましたが、無政府主義政治団体に所属するマルコムマクラーレンと出会い、彼女の人生は大きく変わります。

 

1-2 レット・イット・ロックをオープン

出典https://www.instagram.com/p/B3htlVXJOL6/

1971年イギリスのキングスロードでマルコムマクラーレンと共に、レット・イット・ロックというブティックをオープンさせます。

マルコムマクラーレンの斬新かつ奇抜なウェアを手がける事の出来る工場がイギリスにはなかったことで、全てのアイテムをヴィヴィアンウエストウッドが生産、そのことがデザイナーとして生きるきっかけとなったそうです。

その後もセックスやセディショナリーズと店名を次々と変えます。

セックスの常連客を中心に結成された、パンクバンド「セックスピストルズ」はロンドの若者を中心に熱狂的な人気を博し、セックスピストルズが着用したワードローブは飛ぶように売れました。

こうして、ヴィヴィアンウエアストウッドは、パンクファッションの立役者としても注目を集めます。

 

1-3 ヴィヴィアンウエストウッドをローンチ

出典https://www.instagram.com/p/B4W0WG4pWg6/

1979年にはワールズエンドというブティックをオープン。

このころから、イギリスのクラッシック、トラディショナルに興味を持ちだしたヴィヴィアンウエストウッドは、パンクスタイルから、モダンクラシカルスタイルへとシフトチェンジします。

1981年にはヴィヴィアンウエストウッド名義でキャットウォークのショー形式でワードローブを発表しました。

こうしてヴィヴィアンウエストウッドは自分の名前を冠したブランドをスタート。

1983年にはパリでコレクションを発表します。

 

まとめ

70歳を過ぎた今でも精力的にコレクションを行うヴィヴィアンウエストウッド。

イギリス人デザイナーとして初めて、エリザベス女王よりDameの称号与えられた人物としても有名です。

ファッション界の重鎮でありながら、新たなことに挑戦し続けるヴィヴィアンウエストウッドの反骨精神に衰える気配は一向にありません。